PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
「我が道を行く」の歌碑〜哲学の道
 京都の街には、魅力的なスポットが随所にありますが、
哲学の道」もそのひとつです。

<哲学の道とは>
 
京都市左京区にある小道で、南禅寺付近から銀閣寺ま
での琵琶湖疏水沿いの散歩道

 哲学者・西田幾多郎がこの道を散策しながら思索に
ふけったことからこの名がついたと言われます。
 「思索の小径」と呼ばれていたものが、いつしか「哲学の
道」と呼ばれるようになったとされており、日本の道百選に
も選ばれている散歩道です。

 道の中ほどに歌碑があります。
   「人は人 吾はわれ也 とにかくに
          吾行く道を 吾は行くなり」

 西田幾多郎氏の詠んだ歌です。

〇この歌に注目してみましょう。

 人は人
  吾はわれ也 とにかくに・・・ 
 

 吾(われ)が4回出てくるのですが、上記のように1か所
だけがひらがな表記となっています。

 主語のは、主語を表わす言葉で、われのほうは、
今あるこのわたし自身」という区別をつけた
のでしょうか。

 英語で表現するなら、
  I am myself.  のように。

 平仮名で書かれた「われ」は、とても柔らかい視覚効果
があります。

〇どんなに羨ましくても、他人の人生を代わってもらって
生きることはできません。

 それならば、羨ましいなどと思わず、「自分は自分」と、
良い意味で開き直り、自分にしか歩めない人生を生きろ
と、西田先生の歌に励まされたように思ったのです。

 皆さまの解釈や、如何に?

 今日の英語
  I will go my own way,
                   whatever others say.

     人がなんと言おうと我が道を行く。

   ※頑固な要素だけでない、自立心や個性が光る
  「我が道」でありたいものです。

 単語
  my         私の
  own       自身の
  way       道
  whatever   何を〜しても
  other(s)     他人
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  にほんブログ村 英語ブログへクリックで応援を。

サブカテゴリーに所属していないので、ランキングは
こちらからご確認ください。↓
http://english.blogmura.com/ranking.html

この表から、またこちらにお戻りいただけると嬉しいです。
  See you tomorrow!        春の風景・里山のフリー・イラスト2
   道というと、田舎の風景をイメージしてしまう・・・。



 

| 英語 | 00:03 | comments(7) | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:03 | - | - | - | - |
はい 今夜もおきてますよ〜
人は人 自分は自分…
そうは思っても そこまで
開き直れない場合もありますね
ここは 波風たてず相手と同じ意見でいこう!とか
あの人もやるんだったら 私も真似してみよう!とか
どっちにもころぶ優柔不断な面もあり…

自分に都合よく
まあ 私は私だから のんびりやるさ!って
思うときもありますけどね
| おっちゃん | 2012/10/28 12:26 AM |


なるほど! 漢字表記とひらがな表記
そういう深〜い 意味があるんですかあ

吾はわれなり・・・ あはは 若い頃から
そういう自分勝手な人生 送ってきましたんでね
もうちょっと 周囲に気ぃ使て
生きていかなアカンなあ 
と思てる 今日この頃ですわい 
わっはっはあ(実は 全然 思てない)

われ とか 自分 って言葉 時々二人称として
使われることもあって なんかへんですよねえ
よ〜姉ちゃん カイワレ買うたらんかいわ〜れ〜
| かん太里親 | 2012/10/28 8:14 AM |

おっちゃんさま
深夜や早朝のご愛読、ありがとうさんっす。

おっちゃんは、十分に「我が道」行っておられますよ〜。
本当に個性的ですごく素敵。

場面によって、人の意見に合わせたり、譲ったり、真似したり・・・などはあっていいし、そうでないと皆が別の方向に行ってしまいそう。
おっちゃんの個性は、柔らかで、優しさに満ちていて、それでいて独創的・・・誰もが認める存在感!

これからもおっちゃん流を貫いてね〜〜。

かん太里親さま
我流の分析にご反応頂き、有難うございます。
で、すでに我が道を?

ハイ、存じてました。(^^)/
反省なんか、な〜んも必要なし、ですよ〜。

ところで、おっしゃるように、日本語では
「自分、いい加減にしとけよ」とか、言いますよね。
「われ〜、なにさらしとんじゃ」も。

一人称と二人称との混用、いつか研究テーマにさせてください。よ〜父ちゃん、待ったらんかい・・・語尾省略。
| マーマ | 2012/10/28 9:10 AM |

花は、どちらかといえば我が道を行くという性格では無いようです。
結構人に振り回されるタイプかなぁ〜
我が道を行きたいよぉ〜(笑)
でも、人の意見を聞き・人の真似をして人間として成長するのも一つの手かもしれませんね♪
「哲学の道」良いところですよ。
今でも初夏になると蛍が飛ぶほど綺麗なところです。
多分保存会などの方が頑張っておられるのでしょうねぇ〜
ここで京都にお越しの皆様へ
ゴミは持ち帰りましょう!(笑)
京都は観光地なのでどこへ行ってもゴミだらけ・・・・。
おい!京都市なんとかならんの?
って、なぜマーマさんのブログコメントで吠えてるんだろう?失礼しました(笑)
| 花かんざし | 2012/10/28 9:53 AM |

自分では意識したことないのですが、私はわが道を行くタイプみたいです。
以前、職場の同僚から、「辛い事務所において、あなたの存在はとてもうれしいです」と言われたことがあります。彼女に何か特別手をさしのべたわけではないのですが、能天気な私がいるだけで多少雰囲気が和らぐのかもしれません。

でも、大きな決断をしなければならない時は、オロオロしてあちこち相談しまくる私。そう、根が小心者なので。

京都には修学旅行を含め、計3回行ったことありますが、まだ「哲学の道」は行ったことありません。
人混みの時期を外して、ゆっくりと散策してみたいです。
| owl | 2012/10/28 3:25 PM |

花ちゃんさま
花ちゃんから、「人に振り回される」なんて言葉を聞こうとは思ってもみませんでした(笑)。
十分に「花ちゃん流で。そして、それがとても筋が通っていて、ステキです。
吠えてもらっていいですよ〜。この場がそういうことに役立つなら、この上もなく嬉しいです〜。
おい、京都市、聞こえました?

owlさま
周りの人に「いなくてはならない存在」のowlさま、友人のひとりとして、とても誇りに思います。

大きな決断の必要な時は、相談できる方には相談したいですよね。最後の決断は自分であっても。

京都なら案内できますので、そんな日がいつかくることを夢見ています。
| マーマ | 2012/10/28 11:58 PM |

西田幾多郎が昭和9年に詠んだ歌は、「人は人吾は吾なりとにかくに吾行く道を吾は行くなり」ですから、「吾」は四つとも漢字表記です(岩波文庫「西田幾多郎歌集」46頁)(岩波文庫「続思索と体験 『続思索と体験』以後」209頁)。一方、石碑の歌は「西田幾多郎遺墨集」にある昭和14年の書の歌で「人は人吾はわれ也とにかくに吾行く道を吾は行なり」で書くときに少しアレンジしたものです(上田閑照「西田幾多郎とは誰か」岩波現代文庫、192頁)。従って、書にするときに多少の思いはあったでしょうが、原歌の「吾」が4つとも漢字である以上、考えすぎないほうがよいと思います。
| 柴田 昭彦 | 2014/09/14 9:24 PM |










TIME
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS