PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
漢詩を英語で
  書をたしなむ友人から、漢詩を書いた書を見せてもらい
ました。

 立派な筆運びで書かれたその漢詩がいたく気に入り、
ご紹介しようと思いました。

涼州の詩  <王 翰>  
 葡萄美酒夜行杯   ぶどうのびしゅやこうのさかずき

 欲飲琵琶馬上催   のまんとほっして びわばじょうに
                              もよおす
 酔臥沙場君莫笑   ようてしゃじょうにふす きみわろう
                               なかれ
 古来征戦幾人回   こらいせいせん いくにんかかえる

 (訳)
 葡萄の美酒を、夜光の杯飲もうとすれば、

 馬上に酒杯をうながすように琵琶のしらべがかきならさ
 れる。

 たとえ興に乗ってこの砂漠に酔い伏すことがあっても
 笑わないで欲しい。

 昔から遠く西域への戦にかりだされた人達の中で
 無事故郷に帰ることができた人が何人いるであろうか。

 ※この漢詩の英訳にチャレンジしてみましょう。

 When I was going to drink a glass of wine,

  I heard the tune of the lute.

  Please don't laugh at me, if I fall on the sand
  from overdrinking.

  I can't help drinking because of the fear:
  how many people could come back from
  the war  in the past?
  
〇難しいのは、時制でした。
 最初の2行は 過去形で、後の2行は 現在形で
 ないと、意味がおかしくなるので。

 漢詩は漢詩のまま味わうのがベストですが、文化の
交流として英訳が役に立つこともあるかも知れません。

 現在、国同士にはいろいろな問題が横たわっていても、
中国古来の文化は、本当に味わい深いものがあります。

 高校時代、日本の古文と中国の漢詩が大好きでした。
友人の見事な書に触発されて、漢詩の味わいを思い出し
たことでした。

 今日の英語
 He wrote the Chinese poem in bold strokes.
 彼はその漢詩を肉太に書い


 ※辞書に載っていた例文ですが、今回の状況と
 そっくりですした。

 単語
  wrote              書いた
  Chinese poem   漢詩
  bold                大胆な
  stroke             (ペン、筆などの)一筆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 にほんブログ村 英語ブログへポチッとクリックで応援を頂くと、
               励みになります。

 See you tomorrow!       
    思うがままに漢詩など書けるといいですね。


 
  
| 英語 | 00:16 | comments(7) | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:16 | - | - | - | - |
あまり英語は得意じゃないけど
英文読むと なんとなく
葡萄酒、ワインというだけで おしゃれな感覚になってしまうのは
私だけでしょうか 
やっぱり 漢詩のまま…
っていうの その通りかもしれないですね

高校の時の漢文の先生は 今 近所に住んでます
「先生に教わったんですよ〜〜」
って 声かけたりもしました
歩きかたや 黒板に書く字が特徴あって
嫌いじゃなかったな〜

ふと そんなこと思い出しちゃいました
| おっちゃん | 2012/12/28 9:11 AM |

今日は、漢詩から英語への翻訳 感心しました。さすが英語の先生だと思いました。 漢文から英語への翻訳は、以前米国の駐日大使の「ライシャワー大使」を思い出しました。、平安時代の「円仁」の書いた「入唐求法巡礼後記」を。大使は、英語に翻訳していました。私はそれの日本語版を読みました。
MAMA先生でしたら、英語版で読むと面白いかもしれません。ライシャワー大使は、この本を、唐僧玄奘の「大唐西域記」、マルコポーロの「東方見聞録」と共に、世界3大旅行記にいれているようです。日本人にはあまり知られていないのが、私としては一寸寂しい感がします。
| Yama-chan | 2012/12/28 10:31 AM |

懐かしい「涼州詩」私も漢詩は嫌いではありません。吟詠を主人の所に習いに来られる方がありましたから!
「門前の小僧習わぬなんとか」で吟じる事大好きです
習いに来ておられた方たちも主人がなくなってかた次々と亡くなられ今わ1声も吟じる事が出来ませんが特に今日の
『涼州詩』だいすきです。

マーマ様久しぶりです何時も読み逃げをしておりました
すみません
| kako | 2012/12/28 2:11 PM |

「漢詩を勉強して何のためになるの?」と言っていた友人を思い出しました。
確かにその通り、返す言葉が見つからなかった私です。
でも・・・・心が豊かになる、かも?
漢字から想像する世界ってありますよね。
実は、私はあまり好きではありませんでした。
試験前にチャチャッと丸暗記するくらいで、今では頭の片隅にさえ残っていません(-_-;)
| owl | 2012/12/28 11:22 PM |

おっちゃんさま
何となく、ムードがいいよね〜、漢詩って。
漢文の先生と今でも会える・・・いいなあ。
でも、「先生に教えてもらったんですよ」と言わなくちゃ、忘れておられるのかな。
おっちゃんなら、印象にバッチリ、だと思うんだけどな。

Yama-chanさま
勝手な英訳をしてしまって、国文学者の皆様からお叱りを受けるかも知れませんが、思い切ってやってみました。
学生時代、アメリカ人に、百人一首の何句かを英訳して聞かせたことを思い出して。
「忍れど 色に出にけり・・・」などでした。

ライシャワー大使の「入唐求法巡礼後記」、是非読んでみたいと思いました。
教えてくださって、本当に有難うございました。
Yama-chanさまは博学でおられて、(そんなことを申し上げるのも失礼なくらい)、本当にたくさんのことを学ばせて頂いております。
有難いことです。

kakoさま
こちらこそご無沙汰をしております。
そうですか、ご主人様は吟詠を教えておられたのですか。
素敵ですね。
日本の文化は、中国伝来のものと密接に繋がっていて、奥が深いですね。
読み逃げ・・・私こそ、kakoさまのブログや、たくさんのブログ仲間の記事を読み逃げの毎日です。
どうかお気になさらず、よろしくお願いします。

owlさま
試験前のチャッチャッと丸暗記・・・いいですね。
それはそれで、owlさんの学生時代のお姿を想像できて、なにか、ほっこりしました。
好きな教科や苦手な教科、みんなそれぞれ違って、四苦八苦していた頃が懐かしいですね。
私は理数系で地獄を見ましたが。
| マーマ | 2012/12/29 12:24 AM |

英語マーマ様 初めまして、「六甲の猪」と申します。 一寸だけ参加させてください。 今年「八重の桜」で注目の新島襄先生の有名な漢詩です。校舎の片隅に古ぼけた石碑がひっそりとあります。冬の季節の詩吟大会で大人気の漢詩だそうです。

 新島襄
 寒 梅
庭上一寒梅
笑侵風雪開
不争又不力
自占百花魁
寒 梅
庭上(じょう)の一(いち)寒梅(かんばい)
笑(わら)って 風雪(ふうせつ)を侵(おか)して 開(ひら)く
争(あらそ)わず 又(また) 力(つと)めず
自(おの)ずから 百(ひゃっ)花(か)の 魁(さきがけ)を占(し)む

拙英訳(新島先生、済みません!)

On snow-covered garden
An early plum flowers alone
Smiles with unspoken courage
To head all other spring flowers
 因みに、flowerは自動詞(花が咲く)

添削なりと頂ければ幸いです。
| 六甲の猪 | 2013/02/24 12:47 PM |

英語で詩吟「寒梅」をやってみました。どうかな?
ほかに英訳したのあったら教えてください。
| 行泉 | 2016/02/12 7:48 AM |










TIME
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS