PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
悟りの窓
久し振りの「京都散策」で、伏見稲荷さまを振り出
しに、北区にも足を伸ばしてきました。
今日はその中から「源光庵」をご紹介させてください。
源光庵 入口
<源光庵(げんこうあん)>
 
京都市北区鷹峯(たかがみね)にある曹洞宗の
寺院。本堂は1694年の建立。

 天井板は伏見桃山城から移築したもので、1600年
(慶長5年)に徳川家家臣鳥居元忠らが石田光成に
破れ自刃したときの跡が残り、血天井となっている。
血天井
その脇に丸窓と角窓がありそれぞれ
 悟りの窓迷いの窓
と呼ばれている。

  悟りの窓↓             迷いの窓↓
悟りの窓 迷いの窓

本堂裏の庭園は枯山水で北山を借景とし、四季を通
じて趣があるが紅葉時には一段の風情がある。

お寺の写真に見る、紅葉時の見事な窓景色。↓
2つの窓 紅葉時期
悟りの窓:円型に「禅と円通」の心を表し、
     円は大宇宙を表現する。

迷いの窓:角型に「人間の生涯」を象徴し、
     生老病死の四苦八苦を表している。

〇京都の北区の中でも、ちょっと遠い場所ですが、
人気のあるお寺さまのようで、紅葉の季節には
大変な賑わいになるそうです。
私が訪れた日はまだ紅葉には早いためか、人出も
まばらで、ゆっくりと拝観できました。

 悟りの窓の前で、静かに瞑想。が、如何せん、
悟りの境地までにはまだかなりの隔たりがある
ようで・・・。
 迷いの窓の前では長いせず、チラと拝見した
に留めました。

〇京都に住んでいた学生時代はほとんど大学と
下宿の往復で、折角の京都を楽しむことができ
ませんでした。(学生というものは、大体がそう
なのでしょうか)

 50代以降の10年間ほどで、その穴埋めを
するかのように、京都を頻繁に訪れるように
なりました。
 澄んだ空気、高く青い空、そして何度でも訪れ
たい名所旧跡、神社仏閣の数々。

 これからの季節は、また足繁く京都通いとなり
そうです。

皆さまの秋は、どちらを訪ねられるのでしょうか。

今日の英語
 At last the great truth about life
            dawned upon him.

 
 彼は ついに人生に対する悟りが開けてきた。

単語
at last        アト ラスト  ついに
great truth  グレイト トゥルース 偉大な真実、悟り
about  アバウト 〜に関する
life   ライフ  人生
dawn(ed) upon ドーン(ド) 〜が分かり始めた
 See you tomorrow!        
いい古都チケット
  京都へのお出掛けは 「いい古都チケット」で。
 
| 英語 | 00:00 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | - | - |
何と言いましても、京都は11月中、下旬の紅葉の時期がベストですね!
Mama先生は、学生時代 学業に精を出していたので、京都の良さにあまり感心が無かったのでは〜?
今年も、観光キャンペーンで、「そうだ!京都へ行こう〜!」という事で、綺麗な風景のポスターが貼られます。
それを見て、行きたいですね〜!
| Yama-chan | 2013/10/14 5:13 AM |

私は断固 悟っておりませんし
これからも 悟ったりするつもりは
さらさら ありません きっぱり

未来永劫 迷い続けてやるのだ
わっはっはあ

で これが 血天井ですかあ
ワオ! 足跡が ついてますがな!!
| かん太里親 | 2013/10/14 10:34 AM |

「悟り」、 縁遠い私ですが、丸い窓越しから見る風景は本当に素敵だなぁと思います。
混雑している時期を避けたマーマさんは流石、賢いです(^_^)v

| owl | 2013/10/14 8:01 PM |

京都か〜 足繁く…
いいですね〜
それぞれの窓から見る紅葉すてき!
新緑の頃もいいんだろうな

悟り… 悟りね〜
う〜ん
まず 迷いの窓へ 行ってから
自分を見つめてみようかな
| おっちゃん | 2013/10/14 10:54 PM |

Yama-chanさま
そうですよね、11月下旬、行ってみたいと思います。

学生時代は、サークル活動に必死で、それ以外のことに手が回らなかった、不器用な私でした。

かん太里親さま
え?悟っておられない?
それでも、私などとこうして友人としてコミュニケーションをしてくださること自体、悟りの境地でおられるかと拝察いたしておりました・・・。

血のあと、可愛い足形が見えるでしょ?
自分の写真はイマイチだったので、はっきりくっきりの写真をお借りしました。

owlさま
本当にね、この丸窓からの景色、素敵ですよね。

絶好の時期は大混雑・・・う〜ん、どっちを取るか、微妙ですね。
ところで、駒沢大が好発進。期待の早稲田は4位に沈みました。
個人的に応援していた志方くんは、もう出ないのかなあ・・・。

おっちゃんさま
まず迷いの窓・・・おっちゃんらしい自然体で。

京都を散策中のおっちゃんの姿が浮かんでくるような気がしましたよ。
| マーマ | 2013/10/15 12:10 AM |

私はかなり色んな史跡に行きましたが、原光庵には行ってません。
マーマ様は教員の受験の準備でお忙しかったのでしょう。しかし、60年代の京都の街並みは見たかったですね。大通りに路面電車(京都市電)が走っていた光景とか。御池辺りもまだビルは少なかったでしょう。
| BubbleBobble | 2013/10/15 7:00 PM |










http://demaeeigo.jugem.jp/trackback/1569
TIME
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS