PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
座席を譲る
 今日、神戸電鉄の車内で見かけた光景は・・・。
高校生風の若い子達がズラリ座席に座っている間に、ちょっとした隙間が空いていて、途中から乗って来られた年配の女性がその前に立たれました。彼女らが少し詰めてくれれば座れるので、それを期待しておられたようでした。
 ところが、話に夢中になっている若い子らは、一向に詰める気配などなく、女性はそのままず〜っと立ったまま終点まで行かれました。


 少し離れたところで見ていたので、「ちょっと詰めてあげて」という言葉を掛けられませんでしたが、先日の台湾の車中ならこんなことはあり得ないのに・・・とついつい比べてしまいました。

〇台湾の地下鉄の中の表示です。↓
 車内の表示

 英文の意味は
年配者・身体の不自由な方・妊婦の方・子供を連れておられる方には席を譲ってください。」
デザイン表示ですぐに分かりますし、漢字からも内容が読み取れます。

 似たような表示やお願いは日本でも見かけますが、これが徹底しているかどうか、そこが違うようです。

〇台湾の地下鉄は、かなり混雑している時でも「優先座席」は空いていることが多く、私のような年代の者が乗るとすぐに座れました。それどころか一般の座席でも、若い子の前にウッカリ立とうものなら、さっと立って満面の笑顔と共に、「ここにどうぞ」となったものです。

 どういう教育をすれば、そんな風になるのでしょうか。滞在中何十回も地下鉄を利用しましたが、座席に関する気持ちの良さはいつも同じでした。

〇座席を譲ってもらう対象の世代になったこと、見てすぐにそれと分かること・・・我が身で考えると少し複雑ではありますが、人のやさしさや心配りという観点で見ると、やさしさに満ちた社会が望ましいように思います。

 座席の例はその社会のやさしさを示す1例であり、他にもたくさん心配りができているのではないか・・・そんなことを考えました。

 皆さまは座席を譲られることがおありですか。

 今日の英語
He that sows good seed shall reap good corn.

陰徳あれば必ず陽報あり。
(ひそかに善行をつめば、世間には知られていなくても、天は
 知っていて、必ずよい報いがもたらされる)

 ※人知れず善い行いをする人は、良い報いなど期待しない
  に違いありませんが。

単語
sow(s)     ソウ   種を撒く
seed      シード  種
shall   シャル    〜だろう
reap   リープ  収穫する
corn   コーン  トウモロコシ

See you tomorrow!          17.jpg
    快適な地下鉄でした・・・。
 
 
| 英語 | 23:36 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - | - | - |
ここが日本の一番欠けている点ではないでしょうか?
私は古希を過ぎましたが、席を譲って欲しいとは思いませんが〜?
これは、小、中学校の義務教育では、無いでしょうか?
先般 ギリシアに行った時には、バスの席を譲ってくれました。相手はイタリアからの観光客でしたよ!
| Yama-chan | 2013/11/05 5:17 AM |

ま〜ま先生。こういった光景を見ると、とても残念ですね。お年寄りが、脚を踏ん張って電車の揺れに耐えているのを見るのは辛いです。きっとこの高校生の女の子たちも、その事に気が付けば「あぁ、どうぞ。。」と席を快く譲ってあげたでしょうね。私自身も含め、もっともっと周囲の事に関心を持って、それに応えていきたいです。
| TS | 2013/11/05 5:29 AM |

子供小さいときに 親が席を譲る行動を 何度か見せてあげるといいのかもしれませんね。

東京に行ったとき 車内で食事されている方見ました。
通勤通学の時間帯ではなかったし 忙しい方なのかもしれませんが これにも?って思ってしまいました。
| さっちゃん | 2013/11/05 12:31 PM |

残念な話ですね。
でも・・・
私も席を気持ちよく譲れるか自信ありません。
電車やバスに乗る機会がほとんどないので、タイミングが分からないのかもしれません。
子供が小さい時も公共交通機関での移動は皆無でした。

座席を譲るという事だけでなく、弱者の立場に立って考えることが大切なことですね。
「お・も・て・な・し」も大切ですが、
「お・も・い・や・り」も重要です。
| owl | 2013/11/05 3:39 PM |

多分 若い子たちは 譲るタイミングを
逃しちゃったのかな〜
おばちゃんは きっとじきに 降りるかな〜っとか
思いながら あれ? どうしよう
今さら…みたいのが
心のどこかで働いたのかなって思っちゃった

前 長男と東京行った時(スカイツリー方面)
凄く混んだ電車でそこへ ベビーカーと子供を連れた
親子が乗った瞬間に スッと 席を譲った若者が
いました
東京の電車は 妊婦や小さいな子供を連れた人にも
優しいんだなって 思いました

| おっちゃん | 2013/11/05 11:37 PM |

Yama-chanさま
義務教育の中で、こういう大切なことを学んでいないのですね。少なからず責任を感じますが。

ギリシャでイタリアの観光客からの親切、グローバルなお話でとてもいいですね。

TSさま
高校生は笑い興じていて、目の前の高齢の女性に気づかない(あるいは目に入らない?)ようでした。

自分のことを振り返ると、若い頃も「疲れているから座っていいんだ」と言い訳をして座っていたような・・・。
今から思うと恥ずかしい限りです。

さっちゃんさま
確かに、親の姿を見て学ぶ、と言いますものね。
人間として大切なことは背中で教えないと。

車内で食事?う〜ん、どういう事情の人かなあ。

owlさま
席を譲ることって、ちょっとした勇気がいりますよね。
台湾の若い女性がニコニコと、当然のように譲ってくれた仕草には、今日だけでなくいつも行っているような自然さが感じられました。

お・も・い・や・り、いいですね。
大切にしたいです。

おっちゃんさま
若い子らが座っている席の横に、ちょっとした空間があったので、詰めてくれるかと思われたのでしょうね。スリムな人だったし。

東京でのやさしさ事例、こういうお話は聞くと元気が出ます。
| マーマ | 2013/11/06 8:51 AM |










http://demaeeigo.jugem.jp/trackback/1589
TIME
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS