PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
この2つの英文、本当に同じ意味?
 皆さま如何お過ごしですか。
 私は連日友人と食事や会話を楽しみ、アフター5、ならぬ
アフター60を謳歌しています。

  (和製) after+ five (5)
   一般に、5時が終業であることから、仕事を終えた後
  のプライベートな時間帯のこと。

 この造語をヒントに、after + sixty (60) 造って
 みました。
      一般に、60歳が退職の年であることから、仕事を
  辞めた後の、プライベートな時間帯のこと。

 アフター60、流行るといいな・・・無理でしょうか。

〇ところで、今日は少し英語のテスト問題にチャレンジ。
早速ですが、次の問題をご覧ください。

(英語での理解が難しい場合は、日本語を参考になさって
ください。)

 <問題>
 2つの文が同じ意味になるよう、(   )内に適当な語を
埋めなさい。

A:My uncle in London wrote to me yesterday.

   ロンドンに住む叔父が、昨日僕に手紙を書いた。

B:I (           ) a letter from my uncle in London
   yesterday.

 昨日僕はロンドンに住む叔父から手紙を(受け取った)。


 如何でしょうか。

 Bの」空欄には(受け取った)を意味する recieved
を入れなさいというのでしょうね。

 でも、ちょっと待って。

 「昨日」という同じ日に、叔父がロンドンで書いた手紙が
(日本にいる)僕のもとに着いた・・・??
 ※日本にいる、のは前後の関係で読み取れた。

 これは明らかに、問題がおかしい。
即時性のあるメールではなく、「手紙」なので、どんなに
郵便事情が良いとしてもエアメールが同じ日に届くと
いうことはないのです。

 実はこれ、何年か前にある高校で入試問題に出された
問題です。

 当時一緒に働いていた外国人講師にも見せましたが、
マーマ:「これ、同じ意味の文だと思う?」
外国人講師:「ありえない!

 やはり、同じ意味の文とするには無理があるようで。
'yesterday'がなければ、同じ状況の言い換えとして
通じるとは思いますが。

〇英語の「書き換え問題」には、時折り、このような無理
がある問題が平然と出題されたりします。

 内容をよく吟味せず、機械的に置き換えだけを考えた
際に陥る問題のようです。

 先の「不適当な問題」に対し、どう「処理」したか、その
あたりのことは、ご想像にお任せして・・・。
電話魔の私のことですから・・・)

〇学校を挙げて作成した問題でさえ、このような不具合
が生じることがあるのは、恐らく「思い込み」によるミス
ではないかと思われます。

 センター試験などでも、毎年のように「解けない問題
が出題され、後で受験生や予備校の先生方から指摘され
ています。

 間違いを恐れずに英語を使いたいところですが、試験
問題などでの間違いは願い下げにしたいものです。
必死に取り組んできた受験生の皆さんに失礼かと。

 今日の英語
  Even Homer sometimes nods.

  偉大な詩人ホメロスでさえも,時には居眠りする。

  ※ホメロスでさえも、居眠りしながら書いたような
   凡句が時に見受けられる、という意味。

  ※英語の専門家でも、ミスがある・・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ※ランキングに参加していますので、応援のポチ
  をお願いします。
    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へここをポチっと
   ここからのクリックで、インポイント10点です。
  アウトポイントは、ランキング表から
  「英語マーマの小部屋」のクリックで。

 See you tomorrow!            メッセージ鳥

   今やE-mail の時代・・・即時性が命です。
   

 

 
| 英語 | 00:24 | comments(5) | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:24 | - | - | - | - |
現役から離れて ハヤ10数年…
Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

たとえ解けたとしても 素通りでしょう…
なんの疑問も
もたないでしょうね
すごいな〜 まーまさん すごすぎるよ〜(笑)

あ!! ライバルの存在が いない(ランキング)
| おっちゃん | 2012/04/21 9:42 AM |

私は深く考えずに「got」を入れました。
なるほど、ありえないですね。
状況を考えずに、ただ穴埋め問題に慣れている日本人は、疑問に思わないのかもしれません。これって恐いことですね。

今日メジャージーグではブリュワーズの青木が第一号ランニングホームランを打ったとニュースで見ました。これも和製英語。「inside-the-park homer」が正解。
ランニングホームラン、う〜ん私には馴染みもありぴったりだと思うのですが、やはり最初にメジャーの言葉で覚えたかたなぁと言うのが今の思いです。

ランキング、1位ですね!彼は一体どうしたのでしょう?
| OWL | 2012/04/21 1:10 PM |

「アフター60」
いい言葉ですね!

マーマさんのブログを発端にこの言葉が流行したら凄いです。
| まさやん | 2012/04/21 3:57 PM |

先生!1位ですね\(^o^)/
アフター60…流行らせましょう!先生の力で!
| みっち | 2012/04/21 9:00 PM |

おっちゃんさま
素通りで気づかない・・・?はい、私がしつこいだけなのです。アハハ。
ライバルの方・・・ただ今圏外に出ておられます。
(理由は不明)

OWLさま
got,もしくはreceivedを要求しているのでしょうね。
でも、おかしいでしょう?
野球用語にも和製英語がたくさんあり、いつかも少し書きましたが、ちゃんとした英語が定着したら相当英語学習にプラスになったのにね。

それから、先日のtranslationの動詞はmakeなのですね・・・、この意味はちゃんと受け止めましたよ。
不安に思われたなら、私のリコメントの方が言葉足らずだったのでしょう。おかしいな・・・。
〜する、の多くはmakeが使われますね。

彼は今「圏外」。どうしてなのか分かりません。

まさやんさま
アフター60、気に入ってくださって有難う。
是非お客様に宣伝してね〜。

みっちさま
アフター60、私よりあなたの凄腕に期待させてよ。

システムキッチンやシステムバスを売る時に、「これ、アフター60の人に評判いいんですよ〜」かなんか言って。

ランキング、知らぬ間に一位やわ。いきなり圏外に出られた意味が分からない・・・。
| マーマ | 2012/04/22 12:39 AM |










TIME
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS