PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
お助け英語 実践例より
  つい先日、こんなことがありました。

 島根からの帰り道で、もうすぐ家に辿りつこうとする頃、一人の外国人の方
小さな駅の売店で、何やらお店の人とやりとりをしていらっしゃるのを見かけました。

 支払いが難航しているのかなとぼんやり見ていると、列からはずれ、電子辞書
何やら入力され、お店の方にそれを開いて見せているのです。

 お店の方は当惑顔。そばにいたので「よかったら、通訳してみましょうか?」と
申し出たところ「お願いします!」の返事。

 「忘れ物」と、電子辞書には書いてありました。

  lost thing    ロスト シィング  (忘れ物)

    (手には、ハンカチに包まれた手帳のようなものを持っておられました。)

 「忘れ物」を日本語に変換して見せていらっしゃったのだと思われます。

 売店の方:「誰の忘れ物なのか、この方のか、そうでないのか、訊いて下さい」

 マーマ: Is this thing yours or someone else's?
      イズ ディス シィング ヨアーズ オア サムワン エルス
                     (サムワンエルスィズとはならない)

  外国人青年:Someone else's.
         サムワン エルス

 マーマ:「どなたかの忘れ物を届けに来られたようですね」

 売店の方:「どこで拾われたか訊いてください」

 マーマ:Where did you find it?
            ウェア ディド ユウ ファインド イット

 外国人青年:In the train.
         イン ザ トゥレイン

 マーマ:「電車の中で見つけたそうです」

 売店の方:「(二人おられましたが、顔を見合わせながら)忘れ物をわざわざ
       届けに来られたんやね。親切な外人さんや」

 外国人青年:Thank you very much.(通訳したマーマに)


○ 読んでいただければお分かりのように、簡単な会話でした。それでも
 この渋滞になりかけた売店客の列の解消に役立ちました。

  someone  サムワン  誰か

    else      エルス   他の

     someone   else         他の誰か
   (else という単語は、〜one のような語とだけセットになる、特殊な語です。)

  ちょっと難しいのは、この2語くらいです。


○ 日常の英会話のほとんどは、中学英語で十分です。会話体では、省略したり
 ごくごく簡単な英語でのやり取りがほとんどです。
 それでも、「分からなかったら恥ずかしいし、通訳なんかできそうもない」と
 思われる方が多いかも知れません。

 縁あってマーマの小部屋にお立ち寄りくださった方々には、このばらばらな
 英語のページを頭の中で寄せ集めて、機会あるごとにバンバン使って頂き
 たいと願っています。
 現に まさやんは、タクシー業務にて実践中。花かんざしさんは、ご自宅で
 受験生や高校生の良い子たちを相手に一歩も引かぬ英語の応酬を展開中。
 さっちゃんは、来るべき「お孫さんに英語を教える日」に備えて猛勉強中。
 と、実践に役立ててもらっているとの、自負を強くしています。

 先にご紹介した外国人の方とは、その後また「行き先間違い」の電車に乗られ
 たので、電車の中でもう一度会話をし、「次の駅での乗り換え」を案内させて
 もらいました。日本に来られたばかりの方なので、迷われたのも無理のない
 ことでした。

○ いつかKoozyさんが書いておられましたが、アメリカで英語と格闘され、
 研究して臨まれたレストランでの店員とのやり取りで「やった!通じた!」と思った
 時の嬉しさは格別だったと。
 そうですよね、英語はコミュニケーションの手段ですから。
 文法的に多少の難があっても、鍵となる語(Key word)さえ言えれば、必ず
 通じますので、場数を踏むことにしましょう。

 今日はマーマ自身の最近の体験からの会話をお話しました。

 な〜んだ、簡単じゃないか、と思っていただければしめたもの。

 ではまた明日。

 See you!                                                                                  
 
| 英語 | 18:01 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:01 | - | - | - | - |
今の小学生は学校で英語に触れるチャンスがあるし 中学生は外国の方から直接授業を受けられる。
文法って大事だけれど 遊びを通しながら 早くから耳慣れるって本当に大事だとつくづく思います。

| さっちゃん | 2010/08/20 9:27 AM |

さっちゃんへ
本当にそうですね。私達の時代は学校に外人の先生がいるなんて考えられないことでした。いい環境ですよね。
| | 2010/08/20 11:45 AM |

花かんざしの叔母の旦那様は外国人ですが、何度かおしゃべり出来る機会がありながら、しっかり日本語でしゃべってしまった花かんざし・・・・
今から思うとすごくもったいないことしました。
次のチャンスには、英語でチャレンジしたいと思います。
ドキドキドキドキ・・・(笑)
| 花かんざし | 2010/08/21 9:21 AM |










トラックバック機能は終了しました。
TIME
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS